お花の窓口

【フラワーギフト】お見舞いの花の選び方についてご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

お見舞いの花の選び方について

もし親しい間柄の方やご家族が体調を崩して入院をしてしまった場合、どのようなお花を贈るのが良いのでしょうか?
今回はお見舞いに贈るフラワーギフトについて、お教えいたします。

お見舞いに適したフラワーギフトは「フラワーアレンジメント」

お見舞いの花を贈るとき、花束とアレンジメントで迷われる方が多いと思います。
特に特別な理由がない場合は、フラワーアレンジメントを選ぶといいでしょう。
花束は飾るために花瓶が必要となりますが、フラワーアレンジメントはそのまま置くことができ、管理も簡単です。
病室ではあまりにも大きすぎてしまうと邪魔になってしまうため、コンパクトなアレンジメントを贈るようにするのがポイントです。

 

お見舞いに適したフラワーギフトの色合いは?

色は黄色やオレンジ色、ピンク色など出来るだけ暖色系の色の入ったお花を入れるといいでしょう。
入院中は気持ちが沈みがちになるので、明るい印象を持てる花色のフラワーギフトを贈りましょう。
ですが、もし入院されている方がブルーや紫色のお花を好まれているようでしたら、そうした色のお花を贈ってください。
その人の気持ちが元気になるお花が贈り物として最適です。

 

鉢植えや縁起の悪いお花、香りの強い花は出来るだけ避けましょう

お見舞いの花を贈る際、避けた方がいいと言われているフラワーギフトがいくつかあります。
特に言われているのは「鉢植え」です。
鉢植えは根がついているので、「根つく」ことが「寝付く」と連想され、縁起が悪いとされています。

また、シクラメンの花は「死」や「苦」を連想させるので、縁起が悪いとされています。
お見舞いの花に選ぶのは避けた方がいいでしょう。

ユリなどの香りが強い花も、気分を悪くされる方もいらっしゃいますので避けた方が望ましいです。

しかし、ここで例をあげたお花も、贈る相手が好まれているものでしたらフラワーギフトとして選んでもOKだとされています。
その場合は受け取る方が勘違いをしないように、一言「あなたが好きなお花を贈ります」とメッセージを添えるのがベストでしょう。
また、生花の持ち込みを禁止する病院が増えているので、初めてお見舞いする際には事前に確認することが大切です。

 

生花の飾れない病院には、プリザーブドフラワーがおすすめ!

病院によっては生花が持ち込みできない場所もあります。
そうした時には、プリザーブドフラワーを選ぶのがおすすめです。


プリザーブドフラワーは水やりなどの手入れの必要のない、長い期間楽しむことのできる人気のフラワーギフトです。
匂いなどもなく、コンパクトなサイズのギフトが多いので、置く場所に困りません。
まさにプリザーブドフラワーはお見舞いにぴったりな花のギフトといえます。

生花は一般的に1週間前後楽しむことができますが、プリザーブドフラワーはしっかりとした管理を行えば、
数年間にわたって楽しむことができます。そのため、退院後も飾っていただける素敵なギフトとなるでしょう。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス