お花の窓口

【四十九日】四十九日に贈る花はどんな色にすればいい?【お供え花】ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

四十九日に贈る花はどんな色にすればいい?

お供え花は色によって印象が変わってきます。
今回は、四十九日に贈るお供え花の色についてお話をしようと思います。
ページの下部に四十九日に贈るおすすめのお花をご紹介しています。

四十九日の贈る花は?

四十九日までに贈る御霊前のお花は白いお花を選ぶのが一般的です。
他の色を入れる場合は、淡い色に留めておくのがよいとされています。
また、故人様が生前好んでいた花も積極的にお贈りするのも良いとされています。
親しい間柄や親族であれば、故人様の好きなお色を入れても失礼になることはありません。

 

スタンダードな白基調のお供え花

もし、贈り先の方とあまり親しい関係ではない場合は「白を基調にしたお供え花」をおすすめしております。
四十九日までに贈るお供え花は白いお花でご用意する場合が多く、失礼にあたりません。
白いお花のお供え花は、清楚な印象です。優しくご家族のお気持ちに寄り添います。

 

スタンダードな白基調のお供え花

青色の花を入れた四十九日のお供え花

清涼感のある青いお花を入れたお供え花は、多くの方に好まれているお色合いです。
男性を中心に、女性の方にも贈られる機会の多いお色合いです。
青の落ち着いた色合いが誠実さを感じさせ、凛としてご遺族のお気持ちに寄り添います。

 

青色の花を入れた四十九日のお供え花

紫色のお花を入れた四十九日のお供え花

上品な印象の紫色のお花を入れたお供え花も、最近は多くなってまいりました。
紫色は古くから「ゆかり」の色とされてきました。四十九日のお供え花にぴったりな意味合いを持ちます。
柔らかい紫色は、思いやりの心を感じさせます。

 

紫色のお花を入れた四十九日のお供え花

ピンク色のお花を入れた四十九日のお供え花

柔らかいピンク色のお花を入れたお供え花は、女性やお子様へのお供えに人気です。
女性らしさを感じさせ、ふんわりと周りの空気を和らげてくれます。
暖かく故人様の周りを彩ります。

 

ピンク色のお花を入れた四十九日のお供え花
商品をもっと見る
カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス