お花の窓口

叙勲・受賞・綬章のお祝いに贈るお花は? 注意点と相場について詳しく解説!ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

叙勲・受賞・綬章の
お祝いに贈るお花は?

国家や社会に対し、大きな功労があった方が国が勲章を授ける”叙勲”や、
スポーツや文学など、それぞれの分野で大きな結果を残した時に受ける受賞。
特別な瞬間に贈るフラワーギフトは、どんなものが良いのでしょうか?
そういった質問を、よくいただきます。
そこで今回は、叙勲・受賞・綬章のお祝いに贈るフラワーギフトのことについて解説してみたいと思います。
少しフォーマルな部分になってくるのでややこしく考えがちですが、ポイントを抑えれば通常のフラワーギフトとそこまで変わりはありません。
ぜひ、栄誉ある叙勲・受賞・綬章のお祝いには、お花の窓口のフラワーギフトをお送りください。

叙勲・褒章とは?

日本の叙勲・褒賞は毎年春と秋の2回行われます。
春は4月29日付けで、秋は11月3日つけで授与されるのが決まりとなっております。
国のために功労のあった人に与えられる勲章には、最高ランクの大勲位菊花大綬章(だいくんいきくかだいじゅしょう)のほか、
旭日章(きょうじつしょう)、瑞宝章(ずいほうしょう)など、身近な各種褒賞も色々と存在します。
秋と春の叙勲の対象となる人は、70歳以上、または55歳以上の方で、長い年月を業務に精励した方です。
とても栄えある素晴らしい章ですので、お祝いの気持ちをより一層伝えられるような、華やかなお花を贈りましょう。

 

叙勲・受賞・綬章のお祝いの花を贈るタイミング

叙勲や綬章、綬章は大変特別な出来事です。
もしそのお知らせを受け取ったら、速やかにお祝いの準備を行います。
当日に手配が可能はフラワーショップや「お花の窓口」のようなネットショップを使用しましょう。

もしすぐにお祝いのお花が準備できないようであれば、電話やメール、電報などでお祝いの言葉を伝えるようにしてください。
電話やメールでお祝いのお言葉を伝えてからお花を贈る場合は、知らせを受けてから1週間後を目安にして贈るのが良さそうです。
贈る相手の方が祝賀会や祝典に参加される場合は、その日の前後は忙しくなってしまうため、可能であれば日時を確認して相手の都合に合わせるようにしてください。

祝賀会やパーティ会場にお花を贈る場合

綬章パーティや祝賀会にお花を贈る場合は、あらかじめホテルや会場にパーティの予約名称と開始時間を確認しておくようにしましょう。
多くの方が集まる会場へのフラワーギフトは小さすぎると目立たないため、しっかりと予算を組んで検討しましょう。

 

叙勲・受賞・綬章のお祝いの花を贈るときのマナー

叙勲・受賞祝いのフラワーギフトを手配する際には、あらかじめ相手の方に「何日の何時にお花が届く」という旨の連絡をしておくことをお勧めしております。小さな気遣いですが、とても大切なことです。
特に胡蝶蘭や花束などの生の花を使ったフラワーギフトですと、不在で受け取れなかった場合に花が傷んでしまう恐れがあります。
必ず相手に受け取ってもらえる日時を確認してから、贈るようにしてください。

 

叙勲・受賞・綬章のお祝いの花の相場について

叙勲・受賞のお祝いのお花によく選ばれているのは「胡蝶蘭」の鉢です。
大体10000円〜50000円のものを選ばれる方が多く、より大ぶりなものだとお祝いの気持ちが高まります。
胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」という意味があり、まさに叙勲という大変特別なシーンにふさわしいフラワーギフトだと言えます。

また、お家にフラワーギフトをお届けする際には「フラワーアレンジメント」を贈るのもお勧めです。
フラワーアレンジメントは20000円程度の華やかで大ぶりなものをチョイスするのがいいでしょう。
フラワーアレンジメントは管理しやすく、置きやすいのが特徴的です。

長く飾っていただきたいのであれば、プリザーブドフラワーを使用したフラワーアレンジメントもお勧めです。

 

法人としてフラワーギフトを贈る場合

ビジネスに関係する取引先や、特別な関わりのある相手に叙勲のお祝いをお送りする場合は、ワンランク上のフラワーギフトをチョイスされる方が多いです。
相場といたしましては3万円〜5万円程度となります。
選ばれるフラワーギフトは、「胡蝶蘭」が多く、もしパーティーなどに贈る場合は「スタンド花」なども選ばれます。
叙勲のパーティや祝賀会は大変名誉な集まりとなりますので、そうしたパーティには数多くのお花のギフトが贈られます。
その中でも決して見劣りすることのないような豪華なフラワーギフトを選ぶのが良いでしょう。

 

個人としてフラワーギフトを贈る場合

ビジネスとは関係なく、友人として、家族としてお祝いのフラワーギフトをお贈りする場合の相場は、1万円〜1万5千円程度のものを選ばれる方が多いようです。
個人のギフトの場合は、あまりにも豪華なものを贈ってしまうと相手を萎縮させてしまうこともありますので、
フラワーギフトのボリュームとしてはほどほどのものが良いでしょう。
選ばれるギフトといたしましては「胡蝶蘭」のほか、直接集まりに持っていけるような「花束」も人気です。


 

叙勲・受賞・綬章のお祝いの花を贈る際の注意点

受賞内容の確認をしっかりと

叙勲の内容、受賞の内容はしっかりと確認するようにしましょう。
特に本人から直接聞かされておらず、第三者を経由して知った場合には注意が必要です。
受賞のような大変おめでたいニュースは、足早に多くの人と人を仲介し、共有されるものです。
人から人へと伝えられるうちに、受賞内容が大元の話と違うものになってしまっている可能性もあります。
フラワーギフトに立札やメッセージを添える場合には、受賞の内容が間違っていないか、今一度確認しましょう。
間違ってしまっている、大変失礼に当たります。

そもそもお祝いを受け取ってもらえるかどうかの確認

受賞された方がお祝いなどの贈答品を受け取らない可能性もあります。
受取辞退をされているようであれば、贈ること自体が失礼にあたりますので注意するようにしてください。

メッセージには注意

フラワーギフトと一緒にメッセージを添える場合には、叙勲のお祝いに使うと失礼に当たるワードがあります。
「厳しい」「終わる」などのネガティブなワードは失礼にあたりますので、メッセージをしっかりと考えて作りましょう。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス