お花の窓口

お葬式に供える供花の手配やマナーと相場ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

お葬式に供える供花の手配やマナーと相場

「供花」とは、故人に供える花のことを指します。
供花には魂を慰める働きを持つとされています。また、祭壇や会場を飾る意味もあり、葬式には欠かせない存在です。
親族や親戚一同と書かれ祭壇の両側に飾られることが一般的です。
今回はお葬式に供える「供花」についてお教えいたします。

供花の手配

お葬式に供える供花を届ける際には、お花屋さんか葬儀社に注文することになります。
葬儀社に連絡する際は、まずは葬儀会場に連絡して、現場を取り仕切っている葬儀社を確認し、その葬儀社に直接連絡をして供花を手配しましょう。
供花については、遺族や親族、故人と親しかった方が贈ります。
友人一同や組織の名義で送る場合には、ご親族の方が取りまとめているケースもあるため、一度故人の周囲の方々に連絡を取ることをお勧めいたします。

 

供花の相場

平均的な供花の相場は、15,000円~30,000円です。この辺りの相場を意識てチョイスするといいかもしれません。
相場を大きく上回ってしまう供花は、ご遺族に気を使わせてしまう可能性があります。適切な価格帯の供花を選びましょう。

 

供花を手配する際の注意点

一般的に供花は、お通夜の前に会場に届くように手配します。
あまりに早く届いてしまうと「準備をしていました」とよくない印象を与えてしまう可能性がありますので、注意してください。
例え事前に伝え聞いていたとしても、準備を始めるのは訃報を受けてからがいいでしょう。

 

供花の花の色

供花の花の色は、白でまとめたものなど、落ち着いた色合いのものをチョイスするようにしてください。
色を入れるとしたら、白をベースに優しいピンク色や紫色など、派手すぎない仕上がりになるようなものを選択しましょう。
お花の窓口では供花に詳しいフローリストがお作りしております。ご入用の際はぜひ、お任せください。

 

供花を贈る際のマナー

供花のマナーは宗教によって異なってきます。
供花を選ぶ際には、事前にお葬式の形についてご遺族の方に確認をしておくことが大切です。

仏式・神式の場合
仏式・神式の葬儀に用いられる祭壇のお花は、菊・百合などの白いお花です。
白いお花をメインに使った供花を手配しましょう。
他の色のお花を入れる際には、あまり派手になりすぎないように注意してください。
地域によっては造花でできた花輪などを贈るところもあります。詳しくは供花に詳しいお花の窓口のスタッフにお問い合わせください。

キリスト教式の場合
キリスト教式では、ユリやカーネーション、バラなどのお花が供花として選ばれることが多くあります。
菊などの仏式で見られるお花は、あまりキリスト教式では使用されません。
また、キリスト教式では名札を付けずに自宅宛に贈ることが原則です。
葬儀は教会で行われるため、自宅から運びやすいようなバスケットに入ったアレンジメント風の供花を送ります。

 

商品をもっと見る
カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス