お花の窓口

観葉植物の置き場所ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

観葉植物の置き場所

観葉植物は、置く場所も育成に影響してしまいます。
今回は観葉植物の置き場所について、解説をしようと思います。

観葉植物は出来るだけ明るいお部屋に置くようにしましょう

植物は、必ず光合成をします。完全に真っ暗なお部屋では育ちません。
出来るだけ光の入るお部屋、できるなら窓辺で育てるのがお勧めです。
観葉植物の中でも、弱い光を好むタイプのものは、半日ほど日差しがさすくらいの室内であれば十分育ちます。

もし日光不足を感じた時は、天気の良い時に外へ出し、昼の間日光浴をしてあげると良いです。
ただし、7~9月の直射日光は葉焼けを起こしてしまう可能性があるので、夏場は日陰の涼しいところで日光浴をさせてあげてください。

 

光合成とは

植物は光を受けて、水と二酸化炭素を使って光合成を行い、栄養となるデンプンを作って生命活動を行います。
光が不足してしまうと光合成がうまくいかず、葉っぱを落としてしまいます。明るい場所で育てるようにしてください。

観葉植物はもともと熱帯で生まれた植物が多く、冬場は光合成をあまりできないので、生育期に蓄えたデンプンを使って冬を越えます。
春〜秋は出来るだけ明るい場所で育てて、栄養をしっかりと蓄えさせましょう。

 

季節による置き場所

観葉植物の成長期は4月から10月頃までです。
春から夏までの暖かい季節は、観葉植物が一番成長できる時期です。出来るだけ陽の当たる場所において、成長を促しましょう。
明るい窓辺がお勧めです。

夏場は日差しが強くなりますので、レースのカーテン越しで管理してください。
夏の直射日光に晒した場合、6時間ほどで鉢の中の水分がなくなってしまいます。また、水分が残っていても煮えたった状態になり、植物にダメージがあります。
室内の光に慣れている観葉植物は、葉焼けを起こすこともあるでしょう。

秋から冬にかけては、しっかりと光合成をさせてください。栄養素を溜め込んで、冬を乗り切る元気をつけましょう。
天気の良い日には、たっぷりと日光浴をさせてあげるのが基本です。

 

日光で起きてしまう病気について

葉焼け
観葉植物は光を必要としますが、今まで日陰で育てていたものや、あまり日光に強くない品種の場合、急に強い日差しに当てると、葉が白くなったり、一部だけ茶色くなってやけてしまうことがあります。
それを葉焼けと言います。葉焼けの状態になると、復活することはできません。焼けてしまった葉は切り落としましょう。
葉焼けを防ぐ方法は、日光に慣れさせることです。
初めは午前中の弱い日差しを短時間当て、徐々に時間を伸ばしていってください。
葉焼けの症状はおおよそ5月くらいから出始めます。

日照不足
日照不足の状態になると、枝や節の間が空いてしまい、貧弱に育ちます。また、栄養素が足りなくなり、病気や害虫にも弱くなります。
土の渇きも悪くなるので、根腐れを起こす可能性が高まります。
観葉植物の種類によっては暗い場所でも育つものもありますが、多くの観葉植物は明るい場所の方が元気に育ちます。

冷暖房の風
夏の冷房や冬の暖房には十分気をつけましょう。風が乾燥しているので、葉の水分が奪われて傷んでしまうことがあります。
歯の乾燥を防ぐため、定期的に「葉水」をしてあげるのが良いでしょう。

 

商品をもっと見る
カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス