お花の窓口

【四十九日】四十九日にはどのようなお供え花を贈ればいいの?【お供え花】ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

四十九日にはどのようなお供え花を贈ればいいの?

四十九日に贈るお供え花はどういったものが良いでしょうか?
今回は四十九日のお花について少しお話をしようと思います。
また、四十九日におすすめのお花をページ下部にご紹介しております。

四十九日とは?

四十九日とは、故人が亡くなってから49日目に迎える節目のことを言います。
亡くなった方は49日間、生きていた間の行いに基づき裁きを受けます。そして、「四十九日」は来世の行き先が決まる最も重要な日です。
そのため、昔からご親族などによって故人がなるべくよい世界に生まれ変わるように、法要を営まれます。

 

四十九日に送る花は?

四十九日までに贈る御霊前のお花は「白いお花」を選ぶのが一般的です。
他の色を入れる場合は、淡い色に留めておくのがよいでしょう。
また、故人様が生前好んでいた花も積極的にお贈りするのも良いとされています。
親しい間柄や親族であれば、故人様の好きなお色を入れても失礼になることはありません。

 

お供えのお花はフラワーアレンジメントが無難

四十九日にや四十九日前に送るお供えのお花は、器に入っているアレンジメントスタイルのお供え花を選ぶのがおすすめです。
花束ですと、ラッピングを外し水に活け直す手間ができてしまいます。
アレンジメントだと、そのまま飾ることもでき、管理もしやすく喜ばれます。

 

お供えのお花はフラワーアレンジメントが無難
カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス