お花の窓口

【開店祝い】お花屋さんが教える開店祝いのこと【お花のギフト】ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

意外と知らない開店祝いのこと

ご友人やお取引先さまが新しくお店を構えたとき、開店祝いにお花を贈ったことはありますか?
なんとなく贈ったことはあっても、どのようなお花を、どのような時間に贈っていいかなど、詳しい事がわかる方は、そう多くありません。
今日は、開店祝いについて詳しく解説していこうと思います。
これさえ読めば、今後は贈る時に困る必要はありません。

【開店祝い】どうして開店祝いにお花を贈るの?【お花のギフト】

オフィスや店舗などの開店祝いには、よくお花を贈ることがあります。
お花以外でもタオル、ネーム入りボールペン、ネーム入り現金トレー、お菓子、お酒などありますが、お花はその場を華やかに見せ、他の何かでは代えがたい効果があります。
お花が醸し出す賑いの雰囲気には、人を引き寄せる効果があります。お花の開店祝いは、お店の方に大変喜んでもらえるギフトの一つで。日本では定番ですよね。
お祝い花の種類としてはスタンド花、胡蝶蘭、アレンジメント、花束、プリザーブドフラワー、造花、鉢植えや観葉植物があります。
他にも色味や花の種類も考えると、本当にたくさんの選択肢があり、相手の方の好みに合ったものを選ぶことができるのも、お花のギフトの特徴です。
贈るシーンにより選択できるのも、お花のいいところですね。

 

【開店祝い】開店祝いはいつ贈ればいいの?【お花のギフト】

開店祝いにお花を贈る場合、生花、花鉢など枯れてしまう可能性があるものは開店日直前に贈るのがいいでしょう。
しかし、花束を贈る場合は花瓶などを用意しないといけません。
直前に届きますと開店準備に追われバタバタしている場合もあるので、開店して2~3日して少し落ち着いてからの方がいいでしょう。
プリザーブドフラワー、造花、観葉植物などは前もって贈っても枯れることはありません。
いずれにしても開店当日は忙しいので避けた方かいいかもしれませんね。
一番良いのは相手の方に確認しておくことです。

 

【開店祝い】開店祝いにはどんな花を贈ればいいの?【お花のギフト】

お花のギフトには、さまざまな種類があります。
どんなのがあるのかと言うと、スタンド花、胡蝶蘭、アレンジメント、花束、プリザーブドフラワー、造花、鉢植え、観葉植物などが比較的よく贈られているお花のギフトです。
まず、贈り先がどのような環境なのかを確認してから、種類を選びましょう。
重要なのは、オフィスまたは店舗の大きさ、お花を置く場所、オフィス店舗の雰囲気、お花のお世話が出来るのか。
あまりスペースのない店舗に、スタンド花のような大きなもの贈ってしまっても、贈り先様を困らせてしまう場合があります。
もし何を贈ればいいのかわからない場合は、直接何が必要なのか聞いてもいいでしょう。
確認して贈る相手の好みに合っているもののほうが、より喜ばれますね。
飲食店には香りにも気遣いが必要ですので、注意しましょう。

 

【開店祝い】開店祝いのメッセージ、札について【お花のギフト】

開店祝いに贈るお花には札、またはメッセージカードを付けます。
頭には「御祝」または、「開店祝い」を付けるのが普通です。
また、贈り主の名前を記載します。お花が誰から届いているのか、開店したお店がどんな付き合いがあるのかをお花を見る人に教える役割があるためです。

 

【開店祝い】開店祝の相場はいくら?【お花のギフト】

一般的には
個人への方へ贈る場合は5000円~10000円
法人の方へ贈る場合は10000円~50000円
家族の場合は30000円~100000円
親族の場合は10000~30000円
とされています。

どんな付き合いなのかを考え、相手の方に喜んでもらえるものを選ぶといいでしょう。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス