お花の窓口

お供え花をもらった時のお手入れ方法は?ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

お供え花をもらった時の
お手入れ方法は?

お供えのお花をいただいた時、お手入れの仕方がわからなくて困ってしまったことはありませんか?
今回はご自宅にお供え用のお花をいただいたり買ったりした時のための、
お花のお手入れ方法を詳しく解説したいと思います。

お供え花のお手入れの方法

お供え花をいただいたら、なるべく長く綺麗な状態を保って欲しいですよね。
ちょっとしたお手入れのコツを掴めば長く故人様の周りを彩ってくれます。
お供えのアレンジメントと花束ではお手入れの方法が異なりますので、
別々に分けて解説していきます。

 

花束・仏花の場合は

買った後・いただいた後は
丁寧にラッピングがしてあれば、まずはラッピングを取ります。
ラッピングのまま飾ってしまうと、中のお花が蒸れてすぐに傷んでしまうので、気をつけてください。束ねられた茎の一番下に、オアシスやエコゼリーなど保水材が施してある場合も綺麗に取って水道水で洗う方がいいでしょう。また、ラッピングを外した際には、束ねられている輪ゴムや紐はそのまま形を崩さずに飾ることが出来るようになっているので外さない方がベストです。もし器とのバランスが悪い、入らない等があれば外して飾りましょう。
花瓶に入れる際は、水に葉っぱが浸からないように下の方の葉っぱを取ってから入れましょう。
水に葉っぱが浸かっているとバクテリアが繁殖してしまい、新鮮な状態を保つことができません。

飾る場所の注意
飾る場所は、直射日光が当たる場所と、エアコンの風が直接当たる場所を避けてください。
お花は乾燥してしまうと、すぐに萎れてしまいます。
お部屋が乾燥する時は葉っぱに向けて霧吹きで水をかけてあげるとお花を乾燥から守ることができて、おすすめです。

お水のタイミング
花束の場合、水は毎日取り替えるようにしましょう。
水を取り替える際には、一旦花束を出して、水に浸かっていた部分の茎のぬめりを丁寧に洗い流すようにしてください。また花瓶のぬめりも同様に洗い流します。
このぬめりは水の中で発生したバクテリアです。
毎日お水替えで花瓶の中を清潔に保つことができると、花束は驚くほど長く美しさを保ちます。

 

フラワーアレンジメントの場合は

買った後・いただいた後は
花束と同様にラッピングが施されている場合は、花を傷つけないようにラッピングを外します。
いただいた直後のアレンジメントは乾燥していますので、ラッピングを外したらお水をふちからこぼれないようたっぷりと与えてあげましょう。
お花が挿さっている吸水性スポンジが完全に乾燥してしまうと、その後水を与えたとしても水を吸いづらくなってしまうので、乾かないように管理するのが重要です。

飾る場所の注意
飾る場所は、直射日光が当たる場所と、エアコンの風が直接当たるような場所は避けてください。
お花は乾燥してしまうと、すぐに萎れてしまいます。
たまに葉っぱに向けて霧吹きで水をかけてあげるとお花を乾燥から守ることができて、おすすめです。

お水のタイミング
アレンジメントのお花に水やりをするタイミングは季節によって変わります。
夏の暑い時期は毎日お水を与え、
冬の寒い時期は2〜3日に一度様子をみて与えるようにしてください。
いずれにしても、給水スポンジが乾燥しないように水の量を調整するのがポイントです。
お水を与える際にはお花に水がかからないように注意しましょう。

 

お供え花を贈るならお花の窓口

株式会社ユー花園が運営する法人向けお花の通販サイト「お花の窓口」では、さまざまなお供え花を販売中です。
ご遺族様・ご家族様のお気持ちが癒されるように、ベストなタイミングや商品、メッセージカード等のアドバイスをさせていただきます。
少しでも不安なことがあればお気軽にお問合せください。
経験豊かなフラワーコンシェルジュが丁寧にお応えさせていただきます。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス