お花の窓口

贈り花選びの3つのポイントご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

贈り花選びの
3つのポイント

新しい門出を華やかに彩どるものとして、欠かせないのが贈り花です。オフィスのエントランスや店舗の入り口付近を華やかにしてくれる上に、たくさん同じ花が並んだとしても困らない点が受け取った方に喜ばれるポイントです。しかし、贈り花のマナーを知らずに誤った形で贈ってしまうと、受け取った方を不快にさせるだけでなく、置かれた花を見た他の企業の方やお客様に笑われかねません。そこで、贈り花を選ぶためのコツをご紹介します。

1.贈るタイミング

開店祝いは、その目的から考えても、贈るタイミングがとても重要になります。開店をお祝いするわけですから、開店した時には届いているように贈る必要があります。とは言え、開店当日は何かと忙しく、贈り物が届いても対応する暇がないかもしれません。ですから、オフィスや店舗の状況にもよりますが、前日に届くように贈るのがよいタイミングと言えます。しかし、贈る花の種類によっては当日届くようにした方がよい場合もあるでしょう。その場合は、来客でごった返す開店直前直後は避け、開店の1時間程度前に届くように贈ります。そうすれば、開店時にはオフィスや店舗に飾ってもらうこともでき、お祝いの気持ちも伝わるでしょう。

 

1.贈るタイミング

2.相手先の広さや業種を考えて贈る花を選ぶ

定番の贈り物は胡蝶蘭やスタンド花です。しかし、必ずしもそれが最適な贈り花であるとは限りません。贈られた相手が、その花をどこに置くかを考えてみる必要があります。オフィスや店舗の前に十分なスペースがあるのであれば胡蝶蘭やスタンド花は華やかで喜ばれます。ですが、入り口が狭く、受付のカウンターくらいしかスペースが無いのであれば、アレンジメントやプリザーブドフラワーが喜ばれます。
また、日当たりや手入れのことを考えて長く楽しめる観葉植物を贈った方が喜ばれることもあります。飲食店などに贈る場合は、香りの強い花や花粉が飛び散りやすい花は避けた方が良いでしょう。

 

2.相手先の広さや業種を考えて贈る花を選ぶ

3.注意点

開業祝いの場合は、火事を連想させることから、ライターやキャンドルなど「火に関係のあるものは贈らない」というしきたりがあります。
同様に、贈り花の色も火を連想させる赤には注意が必要です。他の色とミックスして入れる場合にはあまり気にしなくても良いかと思われますが、赤い花をメインにするのは避けたほうが良いでしょう。フラワーコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

3.注意点
カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス