お花の窓口

開店祝いにオススメな観葉植物のウンベラータ特集ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

開店祝いにオススメな観葉植物
ウンベラータ特集

ナチュラルなグリーンと、ハート型の葉が特徴的なウンベラータ。
幹は白く清潔感があり、曲線を描いたものもあります。
同じ形は2つとしてなく、そのデザイン性から人気が高い観葉植物となっています。

開店お祝いにウンベラータを贈るおすすめの理由

開店お祝いとして


丸い葉が揺れて踊っているような姿がなんとも愛おしいウンベラータ。
観葉植物の中でも癒し系のビジュアルですね。
ネイルサロン、美容院やエステサロンなどの美容系のお店にピッタリです。
また、絵画・彫刻等の個展会場、楽器販売等のショップなど、アーティスティックな空間に欠かせない存在です。

引っ越し御祝い・ご出産御祝いとして


ウンベラータは”すこやか”、”永久の幸せ”、”夫婦愛”という花言葉を持ちます。
縁起がいいため、引越し祝いや出産祝いなどの贈り物として人気があります。
また、ウンベラータは葉が丸く下を向いているので、心をリラックスさせてくれる効果が風水的にもあると言われています。

 

ウンベラータの育て方・メンテナンス

置き場所


明るい室内で、高温多湿を好みます。冬に葉が落ちても春になると新しい葉が増えて茂ってきます。

ウンベラータ 水やり方法


どの観葉植物も同じことが言えますが、鉢の中まで乾いたら、鉢底から水がしばらく流れ出るくらい、たっぷりとお水をやります。

まだ十分に乾いていない状態で何度も水をやってしまったり、鉢底から水が出ないくらいの少量の水やりだと、水が足りなくて萎れてしまったり常に湿っている事で「コバエ」が湧いたり「根腐れ」してしまう原因になりますので注意しましょう。

ウンベラータの場合、水が足りなくなってくると少しずつ葉が下にさがってきます。
シワがひどいと枯れてしまうので、少し葉が下がってきたなというタイミングでお水やりをするといいでしょう。
また、夏や冬などは水を吸い上げる量も違いますので、注意が必要です。

夏の水やり


お外に鉢を置いおいている場合は少しでも水切れすると大ダメージとなりますので、表面が乾いたくらいで水やりをしてください。
また、水やりは昼間に行なうと鉢の中で熱湯になってしまい根を痛めますので、朝方や夕方など涼しい時間帯に行ってください。
オフィスなどの空調のきいている室内に置いてあるものは、通常の水やりにて。

冬の水やり


ウンベラータは耐寒性がありません。
冬場に水やりをする場合は水道から直接の冷えた水ではなく、少し温かめの水が良いでしょう。
また、水やりの後は根を冷やさないように、リビングなど暖房のきいたお部屋に移動させてあげましょう。
この時、暖房の風が直接当たるところや、冷気が入り込む窓際を避けて置いてください。
水やりのタイミングは葉が少し下に向いてきた時で大丈夫です。

 

ウンベラータ 植え替えタイミングと方法

植え替えは観葉植物を育てる上で欠かせない作業となります。
長期に渡り植え替えをせずにいると、鉢の中の根がパンパンに詰まり「根詰まり」をおこし、枯れる原因となってしまいます。

買ってから数年たったウンベラータは、一度鉢を持ち上げるか斜めに傾けて、鉢の下から根が出ていないか確認してください。
根が鉢底から出ていた場合は、植え替えのサインとなります。

植え替えの時期は5月〜9月です。
真夏に植え替える場合は、なるべく涼しい時間帯に植え替えてください。

ご準備するもの


・今まで植わってた鉢より一回り大きな鉢
・鉢底網
・鉢底石
・観葉植物用の土(ホームセンターで販売しています)
・スコップ
・割り箸

作業手順


1.新しい鉢の底の穴に鉢底網を被せ、鉢底石を敷きます。

2.そこに土を入れ、古い鉢から引き抜いたウンベラータを乗せ、高さを調節します。高さが定まったら土をどんどん入れていきます。
この時、鉢の際まで土を入れてしまうと後の水やりがとても大変になるので、鉢の上から5センチほど(鉢が小さい場合はもう少し短くても大丈夫です)下の位置まで土を入れるようにしましょう。

3.割り箸で土を入れたところをまんべんなく突いていきます。そうすることで鉢の中の土がしっかり詰まっていきます。土のかさが少なくなったら土を追加し丁度いい高さまで繰り返し割り箸で突きます。

4.鉢の底から水が流れ出るようにたっぷりとお水をやります。

5.植え替え直後は根に負担がかかっていますので、植え替えが終わったらすぐ元の場所に戻さず、直射日光と雨の当たらない外に1〜2週間置き休ませてあげましょう。

 

ウンベラータ 剪定方法

ウンベラータは観葉植物の中でも成長が早く、年間で10〜12センチ伸びるので背丈が天井まで行ってしまったり、枝が暴れてしまう場合には、剪定をしてあげる必要があります。
まず剪定の時期は5月〜6月の一番過ごしやすい時期に行います。
違う時期に剪定すると、植物を痛めてしまう可能性があるので気をつけましょう。

ご準備するもの


・枝切りバサミ(消毒した清潔なもの)
・ビニール手袋
・ゴミ袋
・癒合剤(細枝の場合は必要ありません)

作業手順


1.剪定する位置を決めます
このときに注目して頂きたいのが "成長点" です。ウンベラータの幹をよく見ると葉がついていた跡の節目のすぐ上のところに小さな点が付いています。これが “成長点” です。

2.カットします
剪定するときは生長点の上でカットします。
“成長点”は一節に一つ付いており、それぞれ位置が違うので、枝を伸ばしたい方向に“成長点”の付いているところでカットしましょう。

3.注意してください
ウンベラータは葉や枝をカットすると切り口から白い樹液が出てきます。
肌が弱い方はかぶれる場合がありますので必ず手袋をしましょう。
また剪定後、切り口から溢れ出た樹液は止まるまでティッシュなどで拭き取ってあげましょう。
癒合剤を使用する場合は樹液が出なくなってから塗るといいでしょう。

4.剪定後は
外の直射日光と雨の当たらない所で、1〜2週間ほど休ませて上げてください。葉を多く落とした場合は水を吸う速度も落ちますので、様子をみて水やりをしてくださいね。

 

ウンベラータを増やしてみよう!

観葉植物の中では有名なウンベラータですが、「挿し木」をすることで増やすことができます。グラスに飾ったり、新しい鉢に植えたりなど、楽しみ方がたくさんあるのでご紹介していきたいと思います!

ウンベラータの挿し木の方法


挿し木をする季節は植え替えの時期と一緒で5月〜9月になります。
その他の季節で行うと、上手く発根しないことが多いので注意してください。

ご準備するもの


・カットしたウンベラータの枝
・ハサミ
・小瓶 
・植え替える容器
・挿し木用の土
・割り箸

作業手順


1.挿し木で使用する枝を選ぶ
挿し木で使用する枝は3節以上ついてるもので行ってください。
何枚か葉っぱがついている場合は一番上から3枚ほど残して、あとは全て切り落としてください。

2.清潔なハサミでカットし水につけます
このとき切り口から白い樹液が出てくるので、しっかり洗い流してください。
樹液がついたままだと水を吸い上げることができないので注意しましょう。

3.水の入った小瓶を用意
カットした小枝をひたします。
ウンベラータの場合、発根するまで水が濁りやすいので1日に1度のペースで水を変えてあげるといいでしょう。

4.発根したら
環境にもよりますが、1〜2週間で発根します。
発根したらそのまま花瓶に入れて育ててもいいですし、土に植え替えてもいいです。
花瓶に入れて育てる場合は通常(土に植わってる用)の肥料でなく、水耕栽培用の肥料を水に希釈して使ってください。

5.土に植え替えつける場合
水につけて発根させた小枝を使います。
底に穴の空いた容器に、挿し木用の土を入れ湿らせます。
割り箸で土に穴をあけ、小枝を挿します。表面が乾いたらたっぷりお水をあげてください。
乾燥させないように注意するのがポイントです。

 

元気の無いウンベラータの手入れアドバイス

ウンベラータは体調を崩すと葉を落とし、中央の枝だけの状態になります。
しかし適切な処置を行い、幹が死んでいなければ、ほぼ回復する強い生命力を持っていますので、いきなり葉っぱがポロポロ散ってしまっても悲観することはないでしょう。

葉焼け


今までよりも強い日差しが当たることで葉の所々が変色していく現象を「葉焼け」といいます。
夏の日当たりのいい室内や、お外で管理していると「葉焼け」を起こします。

ウンベラータの場合、葉焼けを起こすと葉の一部が黄色や白、茶色などに変化します。
葉焼けの度合いにもよりますが、重度になると葉が散る場合があります。

葉焼けしてしまった場合、日差しの優しい場所に移動させてあげます。
焼けてしまった葉は元には戻らないので、気になるようでしたらハサミでカットしてください。

ただウンベラータは剪定をしない限り、赤い三角の成長点からしか葉がでませんので、切る前によく考えましょう。
水やりや肥料も1〜2週間は控えたほうが安全です。
成長期であれば、すぐに新しい葉が出てきますので安心してください。

寒さによるストレス


冬は観葉植物にとっては厳しい季節です
ウンベラータは寒さにそれほど強くないため、冬場の水やりで根っこを冷やしてしまい、風邪を引いてしまうことがよくあります。

水やりも適切にしているのに葉が黄色っぽくなりポロポロ落ちてしまう状態であれば、
暖房の効いた温かいお部屋に移動しましょう。その際、窓際はとても寒くなるので避けましょう。

一度は葉が落ちて、中央の枝だけの状態になりますが、春になれば徐々に幹の先端の成長点から葉を出しますので安心してください。

水切れ


ウンベラータは水が足りなくなると葉が下にさがります。
葉が垂れていれば「水切れ」と判断してもいいでしょう。たっぷりと水をあげてください。

ウンベラータは、他の観葉植物に比べると水切れで体調を崩すことは少ないですが、夏場の水切れで葉が散ってしまうことがしばしばあります。

水切れの場合は鉢の下からしばらく流れ出るまでお水をやり、直射日光を避けた明るい場所でしばらく休ませてあげます。
時期にもよりますが、成長期の場合大体1〜2ヶ月で新芽が出初めます。
休眠期(冬)の場合は春になると少しずつ新芽が出てきます。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス