お花の窓口

光触媒とは? 光触媒の観葉植物についてもっと知ろう!ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

光触媒とは?
光触媒の観葉植物について
もっと知ろう!

近年、造花の観葉植物をギフトに選ばれる方が増えてきています。
造花の観葉植物の中でも特に人気なのは「光触媒」で加工された観葉植物です。
光触媒には「空気清浄」や「消臭効果」が期待でき、近年注目を集めています。
今回は、光触媒について細かく触れてみたいと思います。

光触媒とは?

「光触媒」とは、太陽光や電灯などの「光」を触媒とし、化学反応を起こす物質のことをいいます。代表的な光触媒物質は「酸化チタン」です。

 

光触媒の仕組み

光触媒は、太陽光や蛍光灯などの光が当たると、表面に強力な酸化力が生まれます。
接触する有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができるとされている、環境浄化材料です。

光触媒に光が当たると、表面から電子が飛び出します。この電子が飛び出してきた穴が環境浄化の秘訣です。
この穴はプラスの電荷を帯びており、強い酸化力を持ちます。
酸化力を持つと水中にある水酸化物イオンなどから電子を奪います。電子を奪われた水酸化物イオンは、不安定な状態のOHラジカルとなります。
OHラジカルは非常に強力な酸化力を持つため近くの有機物から電子を奪います。OHラジカルに電子を奪われた有機物は結合を分解されてしまい、最終的には二酸化炭素や水となって、待機中に発散されます。
これが、光触媒の環境浄化の仕組みです。

 

光触媒の効果

光触媒に4つの効果があります。

脱臭
生活をしている中で気になる匂いの元は「アンモニア」「アセトアルデヒド(タバコ臭)」「硫化水素(腐卵臭)」「メチルメルカプタン(にんにく臭)」などの悪臭物質です。
これらの物質は、光触媒によって除去することができると言われています。

防汚
光触媒は表面についた油分を分解する効果があり、汚れを防ぐことができます。
これをセルフ・クリーニング機構といいます。

抗菌
光触媒は強力な分解力を持っています。
表面に接触した細菌を殺し、さらにその死骸も分解することが出来るのも特徴です。

大気浄化
光触媒は、自動車の排ガスなどから排出される窒素酸化物や硫黄酸化物などの環境汚染物質を除去することができ、大気をクリーンに守る効果があります。

 

光触媒の効果範囲

光触媒の空気清浄効果は、光触媒の観葉植物の大きさと、置く場所の広さで変わってきます。
お部屋の天井が高いと、それだけ効果が弱まってしまいます。

観葉植物の大きさが20cmの場合=1畳
観葉植物の大きさが50cmの場合=3畳
観葉植物の大きさが100〜120cmの場合=6畳
観葉植物の大きさが170cmの場合=10畳

 

光触媒の観葉植物とは?

光触媒加工をされた人工観葉植物(フェイクグリーン)のことをいいます。
プラスチックなどの素材で作られており、本物そっくりの見た目の観葉植物です。
観葉植物をお部屋に置いてインテリアにしたい!と考えてはいるけど、管理が大変な上、お部屋が汚れるのはちょっと……、と考えている方にも人工観葉植物はおすすめです。
大切な方へのギフトにもぴったり。

光触媒の観葉植物のメリット
光触媒の人工観葉植物は、圧倒的にコストパフォーマンスが良いのが特徴です。
光触媒の加工を一度行うと、半永久的に効果が持続されるとされています。
また、人工観葉植物ですので、枯れることもなく管理も簡単です。お掃除の手間がかからないのも嬉しいところです。

光触媒の観葉植物のデメリット
光触媒加工された観葉植物は人工物のため、成長がありません。
本物を育てているかのような満足感を得られることはないでしょう。
また、人工的に作られているので、形や葉っぱの向きなどは同じです。
個性ある造形を楽しみたいと考えている方は、本物の観葉植物を購入されるのが良いでしょう。

 

光触媒の観葉植物の置き場所は?

光触媒の観葉植物は光に含まれる紫外線によってさまざまな効果を得ることができます。
できれば蛍光灯の光のよく当たる場所や、太陽光がしっかりと当たる場所に置くのが好ましいでしょう。
窓のあるお部屋に置くことで、光触媒の効果を最大限発揮することができます。

 

光触媒の観葉植物の管理方法

光触媒の観葉植物は人工物ですので、虫が湧くこともなく、水やりや肥料などの観葉植物に必要なお世話が必要ありません。
埃が葉っぱに付着したら、優しく拭き取ってあげる程度でいいでしょう。
人工観葉植物には光触媒の塗料が付着していますから、強い力で擦らないようにだけご注意ください。

 

光触媒の観葉植物の価格

光触媒の観葉植物は、葉の数やクオリティによって金額が決まり、通常の観葉植物よりも少し割高です。
お花の窓口では25000円〜45000円でのご用意があります。
同じようなサイズ感で通常の観葉植物を購入する場合には、10000円前後の価格差があります。

 

光触媒の観葉植物を贈るなら「お花の窓口」

お花の窓口では光触媒の人工観葉植物を複数ご用意しております。
クオリティの高いものを選んで販売しているため、大切な方へのギフトにも安心です。
光触媒の観葉植物をご購入を検討される場合は、ぜひ「お花の窓口」でご購入ください。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス