お花の窓口

【ウェディングブーケ】生花・造花・ドライフラワーで作ったウェディングブーケの特徴ご紹介。花の配達は、花の総合企業 ユー花園「お花の窓口」にお任せください。全国送料無料、最短当日お届け。

カート0

生花・造花・ドライフラワーで作ったウェディングブーケの特徴

近年、ウェディングブーケは生花に限らず、さまざまな素材を使って造られることが多くなりました。
今日は一般的に使われることの多い、「生花」、「造花」、「ドライフラワー」のブーケの一長一短を説明してみようと思います。

生花を使ったウェディングブーケ

もっとも一般的なのは、生花を使用したウェディングブーケと言っていいでしょう。

生花を使用したブーケは、花本来のフレッシュさ・香り・季節感を肌で感じることができます。
生花だからこそ表現できる華やかさや、美しさが一番のメリットです。
潤いある質感で作り上げる生花のブーケは、特別な日を心弾む気持ちにさせてくれます。

デメリットとして、生花は生き物ですので、いつまでもイキイキと咲き誇っていることが出来ない点です。
ブーケ使用後は、押し花やドライフラワーとして保存できる「アフターブーケ」の加工をおすすめします。

 

造花を使ったウェディングブーケ

造花とは布やプラスチックなどの素材を加工して作られたお花のことを言います。
最近では、アーティフィシャルフラワー・アートフラワーと呼ばれることが多くなってきています。
近年は、造花も種類によってはクオリティが高く、まるで生花と間違えられるほどになっています。

造花のブーケのメリットは、何度も使うことができ、前撮りで使用したブーケを結婚式・パーティーなど場所や日にちをまたいでも使えることや、使い終わった後そのまま保存することです。
デメリットは、根本的な生花ならではのみずみずしさ・香りを表現することが難しいことです。

 

ドライフラワーを使ったウェディングブーケ

ドライフラワーとは、自然の花・葉を乾燥させたものをいいます。
ドライフラワーブーケは、独特な風合いがあり、生花にはない表情を作り上げることができます。ここ数年、おしゃれな花嫁さんに人気なブーケです。

ドライフラワーは少しくすんだ色合いが特徴です。シャビーで上品なウェディングを目指している方には、ぴったり来るかもしれません。
デメリットは、丈夫さに欠けるところです。ドライフラワーは生花を乾燥させてつくりあげている為、扱い方が雑になると、花が崩れてしまうことがあります。

 

人気の「アフターブーケ」について

思い出が詰まったブーケを、記念に保存したい。
そうした場合には、花嫁さんにおすすめな保存方法として、「アフターブーケ」というものがあります。

「アフターブーケ」とは、生花を綺麗に保存しておけるように加工したブーケのことを言います。
人気のある保存方法は「押し花」「ドライフラワー」の二種類です。

押し花
花びらを一枚一枚、丁寧にパーツに分けて乾燥させ、プレスします。
乾燥させた花びらを使用して、元のブーケの形に再現していきます。
お部屋のインテリアや置き場所を考慮し、額縁の種類・サイズを選ぶこともおすすめです。

ドライフラワー
押し花と同じように、一輪一輪丁寧な作業で乾燥させていきます。
押し花と違って、ブーケの形を立体的に残せることが特徴です。
結婚式で使用したブーケがいつまでもインテリアの一つとして、その時の感動とともに思い出として楽しむことができます。

 

カートに追加しました。
カートへ進む

サポートサービス

  • 当日配送(12時までのご注文)
  • 送料無料
  • 立札サービス
  • ラッピング
  • 5%割引

お得に購入・便利なサービス

2回目以降のご注文で、一部商品5%OFF。毎月の注文内容データ一括送付、
ご利用ガイドの発行、請求書払い(後払い)など提携企業様への特別なサービスです。

詳しく見る
サポートサービス